ネットバンキング不正送金被害、史上最悪に。ウイルス「Citadel」の隠匿技術

ITジャーナリスト三上洋 事務所 > ネットサービス > ネットバンキング不正送金被害、史上最悪に。ウイルス「Citadel」の隠匿技術

ネットバンキング不正送金被害が、2014年5月15日、史上最悪の14億1700万円となりました。わずか4ヶ月で、昨年の14億円を突破しています。この背景について、情報セキュリティEXPOで行われたセミナーをツイート中継したので、まとめておきます。
セミナー講師は、株式会社FFRI社長の鵜飼裕司氏。「バンキングマルウェア「Citadel」お解析から得られた近年のマルウェアの動向と対策」というタイトルの、非常に興味深い講演です。
なお一般向けまとめ記事を、読売オンラインの連載「サイバー護身術」にアップしておりますので、ご参考までに。



ネットバンキング不正送金の全体像

すみませんが撮影NGのセミナーのため、写真がありませんが、ご容赦下さい。


写真 2014-05-15 18 04 40

代表的なバンキングマルウェア「Citadel」の解析


なお一般向けまとめ記事を、読売オンラインの連載「サイバー護身術」にアップしておりますので、ご参考までに。



Comments are closed.

ITジャーナリスト・三上洋



セキュリティ、携帯電話・スマートフォン、携帯電話料金、ライブメディアのライター・ジャーナリスト
Twitter:mikamiyoh
Facebook:Yoh Mikami
電話番号・メールはこちら

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン