ニコニコ生放送Zero 480Kbps 810×456ドットのテストまとめ

ITジャーナリスト三上洋 事務所 > ustream・ニコ生 > ニコニコ生放送Zero 480Kbps 810×456ドットのテストまとめ

ニコニコ生放送が高画質配信できるようになりました。ポイントと、テストの結果をまとめます。

ニコニコ動画Zeroでの生放送バージョンアップ

ニコニコ生放送Zero
ニコニコ生放送は、2012年5月1日から投入した「ニコニコ生放送Zero」によって、配信システムがバージョンアップしています。主な変更点は下記の通り。

●サービスタイム時は480Kbpsでの配信が可能に

今までは384Kbpsが上限でしたが、深夜2時から19時までに配信スタートしたものについては、最大で480Kbpsまで上げられるようになりました。

●Zeroプレーヤーでは16:9表示が可能に

今までは生放送では16:9配信しても、プレーヤー画面は4:3のままだったため、上下に黒帯が付いていました。新たなニコニコ生放送Zeroでは16:9画面に対応しています。視聴者側がZeroに切り替えていれば、黒帯なしで16:9画面で視聴できます。

●810×456ドットの配信に対応

16:9に合わせ、新たに810×456ドットの配信が可能に。FME(FMLE)やXsplit(ニコニコ配信用のソフトを含む)などでは、高画質配信が可能になります。

参考リンク
Niconico Live Encoderがバージョンアップ、「ニコニコ生放送:Zero」に対応
サービスタイムに関して ニコニコ生放送ヘルプ

810×456ドット・480Kbpsは予想外に高画質。かなりいけるかも

実際に配信してみたところ、思ったより高画質で驚きました。FMEで追い込んではいますが、誰でも配信できる設定です。これなら企業配信でもそこそこ行けるでしょう。
810×456、480Kbps配信
配信環境は以下の通り。
カメラ:ロジクール C910
ソフト:Flash Media Live Encoder(FME、FMLE)
画質:ビットレート410Kbps、810×456ドット、15fps、H264 5.1 音声:MP3、64kbpsモノ
このテスト配信のタイムシフト(アーカイブ)はこちら 2012年5月26日まで

Zeroなら黒帯なしで視聴可能、iPhone生放送アプリでも視聴できた

Zeroに視聴画面を切り替えたところ、16:9で横一杯に表示できています。これなら画質がよく感じるので、企業配信にもちょうど良さそうです。
もちろん従来通り、コメントを横に配置することも可能で、その場合でも黒帯なしで16:9で配信できます。
niconicoZero3
またiPhoneのニコニコ生放送アプリで見たところ、画面いっぱいにはならないものの、問題なく視聴できました。上下黒帯は入るものの、スムーズに視聴できます。ただしAndroidには今のところ、ニコニコ生放送プレーヤーアプリがないため視聴できません。

ニコニコ公式チャンネルも申請で無料使用可能に

今回のZeroのバージョンアップによって、ニコニコ生放送は配信側にとってもかなり使いやすくなりました。画質もアップできますし、16:9での配信も可能です。

また今年1月から、ニコニコ公式チャンネルの開設が無料になっています。配信実績があるかどうかなどの審査はあるものの、企業配信にとってはありがたい限りです。私が担当しているギャンブルエンタメ情報サイトGambooも、ニコニコ生放送のチャンネルを申請して開設しています。

今後はUstreamだけでなく、企業やメディアでもニコニコ生放送を使う機会が増えそうです。
Ustream、ニコニコ生放送関係のことをTwitterとFacebookにも書いています。よろしければフォローよろしくですw
Twitter:@mikamiyoh
Facebook:mikamiyoh


Comments are closed.

ITジャーナリスト・三上洋



セキュリティ、携帯電話・スマートフォン、携帯電話料金、ライブメディアのライター・ジャーナリスト
Twitter:mikamiyoh
Facebook:Yoh Mikami
電話番号・メールはこちら

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン